コロナ後の世界 ─いま、この地点から考える

筑摩書房編集部 編集

深刻かつ多方面にわたるCovid-19の影響と、到来する未来を、第一線で活躍する12人の知性が多角的に検証した比類なき論集!

コロナ後の世界 ─いま、この地点から考える
  • シリーズ:単行本
  • 定価:本体1,500円+税
  • Cコード:0036
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2020/09/01
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:328
  • ISBN:978-4-480-86474-1
  • JANコード:9784480864741

この本の内容

免疫学、精神医学、社会学、哲学・現代思想、経済学、医学史、政治学、科学史など、第一線で活躍する12人の知性による、圧倒的熱量の論集!世界を襲ったCOVID‐19。深刻かつ多方面にわたるその影響。危機の正体と、到来する未来を、多角的に検証。

この本の目次

1 ニッポン社会のクライシス(免疫からみえるコロナの行く末
2020年のパンデミックと「倫理のコア」―「日本モデル」が示す人と組織の劣化
コロナ・ピューリタニズムの懸念)
2 コロナ時代の新・課題(コロナショックドクトリンがもたらす円高帝国
一汁一菜のコスモロジー―土井善晴論
コロナ危機、民主主義、そして世界的連帯)
3 「その先」を深く考える(Covid‐19のパンデミーと食肉の問題
「ポスト・コロナ・エイジ」を考えるためのエクササイズ
公衆衛生と医療―集団の救済と病人の救済)
4 コロナ後の世界(“不可知性”の社会―“不可知性”に統治される未来をどう生きるか
パンデミック・デモクラシー
もうひとつの別の経済へ)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可