彼方からの声 ─演劇・祭祀・宇宙

安西 徹雄

演劇という出来事の本質とは何か。シェイクスピア研究とともに、演劇集団「円」の演出家として舞台に情熱を傾けてきた著者による洞察と発見に満ちた演劇論集成。

彼方からの声 ─演劇・祭祀・宇宙
  • シリーズ:単行本
  • 定価:本体3,900円+税
  • Cコード:0074
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2004/01/08
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:A5判
  • ページ数:344
  • ISBN:4-480-87342-2
  • JANコード:9784480873422
安西 徹雄
安西 徹雄

アンザイ テツオ

1933年、松山市生まれ。上智大学大学院博士課程修了。上智大学名誉教授。専攻、英文学。シェイクスピア研究の第一人者であるとともに、演劇集団「円」を拠点に、演出にも携わっている。主な著書:『英文翻訳術』『仕事場のシェイクスピア』『英語の発想』(以上、ちくま学芸文庫)、『彼方からの声』(筑摩書房)、『シェイクスピア──書斎と劇場のあいだ』(大修館書店)、『シェイクスピア劇四〇〇年』(NHK出版)他、主な訳書:チェスタトン『正統とは何か』(春秋社)、サイデンステッカー『東京 下町山の手』(ちくま学芸文庫)他。

この本の内容

“見えざるもの”の現実世界への顕現―その瞬間の戦慄と魅惑!シェイクスピアを中心とする研究・翻訳そして演出の現場から探究する発見と洞察にみちた演劇論集成。

この本の目次

序章 彼方からの声(彼方からの声
彼方の光―太田省吾氏の新作を見て ほか)
第1部 演劇・祭祀・宇宙(見えざるものの顕現―劇的なるものの定義についての覚書き
シェイクスピア喜劇における「発見」 ほか)
第2部 演技・演出・社会(日本語で『リア王』を演出する
「解釈」と演出―分析のブラックホール ほか)
第3部 講演録(シェイクスピアと「語り」―演出の経験を手がかりとして
シェイクスピアと「語り」(補遺) ほか)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可