小津ごのみ

中野 翠

小津映画を俎板に載せる

小津映画には監督の美意識・趣味が溢れている。インテリア、雑貨はもちろん、俳優の顔かたちや仕草や口調、会話の間の取り方まで。丁寧な視点による斬新な「私的」小津論。

小津ごのみ
  • シリーズ:単行本
  • 定価:本体1,400円+税
  • Cコード:0095
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2008/02/25
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:272
  • ISBN:978-4-480-87356-9
  • JANコード:9784480873569
中野 翠
中野 翠

ナカノ ミドリ

コラムニスト、エッセイスト。早稲田大学政経学部卒業。新聞社でのアルバイト、出版社勤務を経て文筆業へ。社会・事件に関する批評のほか、映画や本、落語に関する文章で知られる。1985年、「サンデー毎日」に連載開始、現在も継続中。週刊文春「シネマチャート」評者の一人でもある。著書に、『中野シネマ』(新潮社)、『この世には二種類の人間がいる』(文藝春秋)、『今夜も落語で眠りたい』(文春新書)、『アメーバのように。私の本棚』『小津ごのみ』(共にちくま文庫)、『ごきげんタコ手帖』『金魚のひらひら』『みずいろメガネ』(共に毎日新聞社)『この世は落語』(筑摩書房)など多数。

この本の内容

小津映画を俎板に載せる。ファッション、インテリア、雑貨、俳優・女優の顔かたちから仕草や口調まで、映画に溢れる感動の美意識。

この本の目次

1章 ファッション、インテリア(ドンゴロスと女たちのきもの
浦野理一のきもの ほか)
2章 女たち、男たち(おじさまごっこ
紀子のくすぐったさ ほか)
3章 セリフ、しぐさ(いわゆる「原節子風」
きわどい綱渡り ほか)
4章 今見られる小津映画、全三十七本(若き日の小津1 サイレント時代
若き日の小津2 トーキーになってから ほか)

読者の感想

2008.8.26 炭谷一彦

PR誌『ちくま』で連載されていた頃から愛読してました。装丁よし、文中のカットよし、楽しく文章もしゃれているしセンスあり。映画好きにはたまりません。

2008.8.19 野村隆光

「小津ごのみ」とはなんといい響きだろうか。よくこれだけ細かく記載できたと思う。とくに立ち振る舞い、仕草など小津映画の女性像を浮かびあがらせるのに成功していて、興味がつきない。

2008.4.10 phony

この本は幸運にもプレゼントにあたって読むことになりました。もちろん、それ以前に興味はあったのですが。
小津監督を知ったのも、興味をもって見るようになったのも、小津監督が亡くなってからです。小津監督の動く姿や肉声をリアルタイムで見ていない以上、残された作品が全てですが、今回の中野さんの御本には、「東京物語」など著名な作品しか知らなかった自分に、思いのほか沢山の作品があること、またその作品のおもむきがずいぶんと違ったものであることなどが詳しく書かれていました。挿絵や易しい文章など、中野さんの小津映画への情がすごく感じられました。

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可