食で対策!放射能 ─大切な人を守るレシピと、今できること

小椋 優子 著 , 菅谷 昭 監修

放射能から
おいしく身を守ろう!

おいしいレシピで放射能から身を守る。食を中心に、放射能測定法、避難者アンケートまで。イラスト(はらだゆきこ)満載! インタビュー=肥田舜太郎、安田節子

食で対策!放射能 ─大切な人を守るレシピと、今できること
  • シリーズ:単行本
  • 定価:本体1,200円+税
  • Cコード:0077
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2012/11/08
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:208
  • ISBN:978-4-480-87857-1
  • JANコード:9784480878571
小椋 優子
小椋 優子

オグラ ユウコ

1973年生まれ、早稲田大学卒業。大学在学中より硬軟取り混ぜ、さまざまな媒体で執筆活動を続ける。友人の飲食店を手伝い始め、DiYや菜食主義に啓発されつつ、仕出し業やったりパン屋さんで働いたり、海外独立メディアの邦訳やったり。3.11以降は放射能対策イベントを手がけるほか、パンフレットを作り被災地で配布。『チェルノブイリ被害実態レポート』(岩波書店)の翻訳プロジェクトに参加、歌ったり踊ったり演奏したり仮装したりでデモ参加。

菅谷 昭
菅谷 昭

スゲノヤ アキラ

1943年長野県生まれ。信州大学医学部卒業。信州大学医学部第二外科学教室に入局。1976年、トロント大学に留学して甲状腺疾患の基礎研究を学ぶ。1991年から、松本市のNGOによるチェルノブイリ原子力発電所事故の医療支援活動に参加する。1993年、信州大学助教授に就任。 1996年から、ベラルーシ共和国首都ミンスクの国立甲状腺がんセンターにて、小児甲状腺癌の外科治療を中心に従事。1999年、ゴメリ州立がんセンターで医療支援活動。2001年帰国、長野県衛生部医監に就任。同年、吉川英治文化賞受賞。2002年、長野県衛生部長に就任。2004年から松本市長に就任。

この本の内容

放射能からおいしく身を守ろう。覚えておきたい、取り込まない・排出する・免疫力を高めるレシピ、避ける方法、知る方法、今、できることは?…ヨウ素対策―万能コンブ料理、セシウム対策―味噌大作戦、ストロンチウム対策―炊き込みご飯、排出―ゴマたっぷりメニュー、グレープフルーツムース、免疫力増強―ペペロンチーノ、ブイヤベース、豆カレー、避難者アンケート・掃除法・測定法etc.放射能対策効果:食べもの一覧表つき。イラスト満載。

この本の目次

第1章 食べもの、どうする?―研究されてきた放射能(取り込まない
排出する
免疫力を高める
選ぶ)
第2章 放射線、避けられる?(知ろう
避けよう
掃除をしよう
測ろう)
第3章 放射能、もうたくさん!

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可