放射能下の日本で暮らすには? ─食の安全対策から、がれき処理問題まで

田中 優

原発事故後を
生きるための必読書!

3・11後、空気も水も食べ物ももはや安全ではない。私たちは何を食べ、どう暮らせばいいのか。今できることは? 原発の危険性を長く訴えてきた著者渾身の書。
装丁=倉地亜紀子
装画=フカザワテツヤ(studio TEPPING)

放射能下の日本で暮らすには? ─食の安全対策から、がれき処理問題まで
  • シリーズ:単行本
  • 定価:本体1,500円+税
  • Cコード:0077
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2013/07/09
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:208
  • ISBN:978-4-480-87866-3
  • JANコード:9784480878663
田中 優
田中 優

タナカ ユウ

1957年東京都生まれ。地域での脱原発やリサイクルの運動を出発点に、環境、経済、平和などの、さまざまなNGO活動に関わる。現在「未来バンク事業組合」「天然住宅バンク」理事長、「日本国際ボランティアセンター」理事、「ap bank」監事、「一般社団法人 天然住宅」共同代表を務める。立教大学大学院、横浜市立大学の非常勤講師。著書に、 『子どもたちの未来を創るエネルギー』(子どもの未来社)、『原発に頼らない社会へ』(武田ランダムハウス)、『地宝論』(子どもの未来社)など。共著に、『世界から貧しさをなくす30の方法』『おカネで世界を変える30の方法』(合同出版)など多数。

著者に関する情報

公式HP 田中優の持続する志 http://www.tanakayu.com/

この本の内容

3.11後、空気も水も食べ物ももはや安全ではない。私たちは、何を食べ、どう暮らせばいいのか?今、できることは何か?後悔しないために。原発の危険性を長く訴えてきた著者渾身の書!原発事故後を生きるための必読書!

この本の目次

第1章 放射能汚染の中の暮らし
第2章 外部被曝と原発事故の被害
第3章 内部被曝とダメージ
第4章 チェルノブイリの現実から考える
第5章 私たちは何を食べたらいいのか
第6章 これから日本でどう暮らすか
第7章 原発周辺のミステリー
第8章 がれきをどう処理すべきか

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可