石の花  ─林芙美子の真実

太田 治子

真正直で一途で可愛らしい、
新たな芙美子の姿。

幾つかの疑問に端を発した芙美子探し。取材を重ねるごとに見えてくる真正直で一途な作家の姿に著者自身を重ね合わせつつも、俯瞰的に描き出した新たな芙美子像。

石の花  ─林芙美子の真実
  • シリーズ:単行本
  • 定価:本体2,200円+税
  • Cコード:0095
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2008/04/24
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:368
  • ISBN:978-4-480-88526-5
  • JANコード:9784480885265

この本の内容

明るさとはうらはらの自殺願望と孤独感。強烈な個性がもたらす毀誉褒貶。綿密な取材を重ねて探る、真正直で一途で可愛らしい、新たな芙美子の姿。

この本の目次

芙美子との出会い
『放浪記』
パリへ
パリの恋人
『面影』の人
金魚の芙美子
天上の愛・地上の愛
いざ東京へ
島の男
二人の男
美しい町
古い鏡台の前で
父との再会
ダゲール街の下駄の音
樺太ゆき
女ごころ
『黄鶴』
リュックサックをしょって
新しい男性
新体制と女たち
十二月八日
『フローベルの恋』
南の島
南方の恋人
歌集『従軍』
ジャカルタの夢
信州角間温泉の花
『夢一夜』
女復員兵のこれから
『晩菊』と『水仙』
『浮雲』は流れる
屋久島

読者の感想

2008.8.25 西田為三

ロマンチックな芙美子像。
生活実感を重視した庶民派と思われていた林芙美子は恋を恋するロマンチックな女性だったと喝破する斬新な一冊でした。

2008.7.02 大島清史

この本は、私の林芙美子への勉強不足を恥じるには充分過ぎる内容でした。
「この敏捷なメスの小型犬がとてつもないマグマのような文学魂を持っている」


という太田さんの、褒め言葉のようにも思えるこの林芙美子評が、私にはとりわけ心地よく響くのです。愛情と弁護の表現かもしれないと思うようになりました。
林芙美子が戦争協力者のイメージに仕立てあげられてしまったことに対して、丹念に調べ上げた結果に基づき「濡れ衣」であると、力強く断言して、そして戦争に反対する筆者の姿に、同年代のものとして熱いエールを送りたいです。
何故「石の花」という題名になったのかなと、疑問を解決しようと思いながら想像を膨らませつつ読み進むことも、とても楽しいことでした。
すばらしい本だと思いました。
今後もご活躍していただいて、日本の文学の将来を切り開いていただきたい心より念じています。

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可