G.ガルシア=マルケス
ガルシア=マルケス,G

1928年、コロンビアに生まれる。ボゴタ大学中退後新聞記者となり、ヨーロッパ、ベネズエラなどでジャーナリストとして活動。そのかたわら小説を執筆し、1955年、処女短篇集『落葉』を出版。1967年発表の『百年の孤独』で世界的に評価される。1982年ノーベル文学賞受賞。主な作品に『族長の秋』『エレンディラ』などがある。

検索結果

前のページへ戻る
4件1~4件を表示しています。
       昇順に並び替え 降順に並び替え

誘拐の知らせ

G.ガルシア=マルケス 著  旦 敬介 翻訳 

コロンビアで起こった連続誘拐事件。その背後では、麻薬密輸組織と政府との暗闘が繰り広げられていた! ノーベル賞作家がえぐる、社会の暗部。

ちくま文庫  文庫判   432頁   刊行日 2010/11/10  ISBN 978-4-480-42764-9
JANコード 9784480427649

定価:本体1,000 円+税

幸福な無名時代

G.ガルシア=マルケス 著  旦 敬介 翻訳 

一九五八年、革命のベネズエラ。特派員・マルケスはニュースを送り続ける。ジャーナリストから作家へと変貌するマルケスがここにいる。

ちくま文庫  文庫判   224頁   刊行日 1995/03/23  ISBN 4-480-03023-9
JANコード 9784480030238

定価:本体700 円+税

幸福な無名時代

G.ガルシア=マルケス 著 

一九五八年、革命のカラカス。ジャーナリスト時代のガルシア・=・マルケスの筆の中で「事実」は「物語」へと変貌する。ノーベル賞作家の若き日の異色のルポルタージュ。

単行本  四六判   208頁   刊行日 1991/01/18  ISBN 4-480-83111-8
JANコード 9784480831118

定価:本体1,602 円+税

エレンディラ

G.ガルシア=マルケス 著  鼓 直 翻訳  木村 榮一 翻訳 

大人のための残酷物語として書かれたといわれる中・短篇。「孤独と死」をモチーフに、大著『族長の秋』につらなるマルケスの真価を発揮した作品集。

ちくま文庫  文庫判   208頁   刊行日 1988/12/01  ISBN 4-480-02277-5
JANコード 9784480022776

定価:本体540 円+税

在庫  ○

  • 1