ジャン=ポール・サルトル
サルトル,ジャン=ポール

1905−1980年。パリに生まれ、高等師範学校に学び、哲学の教授資格を取得。1930年代から独自に現象学を研究し、『自我の超越性』『想像力』『情動論粗描』などを発表。その現象学的総決算が、本書『存在と無』(1943年刊)である。戦後教壇を去り、「実存主義はヒューマニズムか」と題する講演で一躍マスコミの脚光を浴び、実存主義ブームを巻き起こす。在野の知識人として、小説、文学評論、政治論文と幅広い執筆活動を行う。1964年にはノーベル文学賞を辞退。彼の葬儀には何万人という市民が参集した。著書に『嘔吐』『自由への道』『聖ジュネ』『弁証法的理性批判』など多数。

検索結果

前のページへ戻る
5件1~5件を表示しています。
       昇順に並び替え 降順に並び替え

存在と無 全3巻セット

ジャン=ポール・サルトル 著  松浪 信三郎 翻訳 

人間の意識の在り方(実存)をきわめて詳細に分析し、存在と無の弁証法を問い究め、実存主義を確立した不朽の名著。現代思想の原点。

ちくま学芸文庫  文庫判   刊行日 2009/03/25  ISBN 978-4-480-09105-5
JANコード 9784480091055

定価:本体5,300 円+税

在庫  ○

存在と無 3  ─現象学的存在論の試み

ジャン=ポール・サルトル 著  松浪 信三郎 翻訳 

3巻は、第四部「持つ」「為す」「ある」を収録。この三つの基本的カテゴリーとの関連で人間の行動を分析し、絶対的自由を提唱。 <br /> 【解説: 北村晋 】

ちくま学芸文庫  文庫判   608頁   刊行日 2008/01/09  ISBN 978-4-480-09108-6
JANコード 9784480091086

定価:本体1,800 円+税

在庫  ○

存在と無 2  ─現象学的存在論の試み

ジャン=ポール・サルトル 著  松浪 信三郎 翻訳 

2巻は第三部「対他存在」を収録。私と他者との相剋関係を論じた「まなざし」論をはじめ、愛、憎悪、マゾヒズム、サディズムなど具体的な他者論を展開。

ちくま学芸文庫  文庫判   576頁   刊行日 2007/12/10  ISBN 978-4-480-09107-9
JANコード 9784480091079

定価:本体1,700 円+税

在庫  ○

存在と無 1  ─現象学的存在論の試み

ジャン=ポール・サルトル 著  松浪 信三郎 翻訳 

1巻は、「即自」と「対自」が峻別される緒論「存在の探求」から、「対自」としての意識の基本的在り方が論じられる第二部「対自存在」まで収録。

ちくま学芸文庫  文庫判   640頁   刊行日 2007/11/07  ISBN 978-4-480-09106-2
JANコード 9784480091062

定価:本体1,800 円+税

在庫  ○

マラルメ論

ジャン=ポール・サルトル 著  渡辺 守章 翻訳  平井 啓之 翻訳 

思考の極北で〈存在〉そのものを問い直す形而上学的〈劇〉を生きた詩人マラルメ――固有の方法的批判により文学の存立の根拠をも問う白熱の論考。

ちくま学芸文庫  文庫判   288頁   刊行日 1999/07/08  ISBN 4-480-08490-8
JANコード 9784480084903

定価:本体1,000 円+税

  • 1