W.パウリ
パウリ,W

1900-1958年。オーストリア生まれ。理論物理学者。大学入学前に一般相対性理論に関する論文を、また21歳で本書「相対性理論」を著して名声を博した。その後、関心を量子力学に移し、ハイゼンベルクらと量子力学の体系化に努め、1924年の「パウリの原理」発見に対してはノーベル物理学賞が授与された。深い物理的洞察と数学的手腕で問題に迫り、原子構造から素粒子論に至る幅広い領域で重要な貢献が多数ある。

検索結果

前のページへ戻る
2件1~2件を表示しています。
       昇順に並び替え 降順に並び替え

相対性理論 上

W.パウリ 著  内山 龍雄 翻訳 

相対論発表から5年。先行の研究論文を簡潔に引用批評しつつ、理論の全貌をバランスよく明解に解説したノーベル賞学者パウリ21歳の名論文。

ちくま学芸文庫  文庫判   352頁   刊行日 2007/12/10  ISBN 978-4-480-09119-2
JANコード 9784480091192

定価:本体1,300 円+税

相対性理論 下

W.パウリ 著  内山 龍雄 翻訳 

アインシュタインが絶賛し、物理学者内山龍雄をして、研究を措いてでも訳したかったと言わしめた、相対論三大名著の一冊。 <br /> 【解説: 細谷暁夫 】

ちくま学芸文庫  文庫判   272頁   刊行日 2007/12/10  ISBN 978-4-480-09120-8
JANコード 9784480091208

定価:本体1,100 円+税

在庫  ○

  • 1