青木 昌彦
アオキ マサヒコ

1938年生まれ。東京大学経済学部卒業。ミネソタ大学Ph.D.。ハーバード大学助教授、京都大学教授などを経て、スタンフォード大学教授。現在、同大学名誉教授のほか京都大学名誉教授。2008〜11年までIEA(国際経済学連合)の会長を務めた。主な著書に、『現代の企業』(岩波書店、日本学士院賞、サントリー学芸賞受賞)、『比較制度分析に向けて』(瀧澤弘和・谷口和弘訳、NTT出版、国際シュンペーター賞)、『コーポレーションの進化多様性──集合認知・ガバナンス・制度』(谷口和弘訳、NTT出版)『私の履歴書 人生越境ゲーム』(日本経済新聞出版社)などがある。英語の原著書・編書は20冊に及ぶ。

検索結果

前のページへ戻る
2件1~2件を表示しています。
       昇順に並び替え 降順に並び替え

青木昌彦の経済学入門 ─制度論の地平を拡げる

青木 昌彦 著 

社会の均衡はいかに可能なのか? 現代の経済学を主導した碩学の知性を一望し、歴史的な連続/不連続性のなかで、ひとつの社会を支えている「制度」を捉えなおす。

ちくま新書  新書判   256頁   刊行日 2014/03/05  ISBN 978-4-480-06753-1
JANコード 9784480067531

定価:本体800 円+税

在庫  ○

第二版 経済学全集13 分配理論

青木 昌彦 著 

シリーズ・全集  A5判   256頁   刊行日 1979/08/24  ISBN 4-480-40813-4
JANコード 9784480408136

定価:本体2,400 円+税

  • 1