本田 由紀
ホンダ ユキ

東京大学大学院教育学研究科教授。専攻は教育社会学。著書に『教育の職業的意義』『もじれる社会』(ちくま新書)、『教育は何を評価してきたのか』(岩波新書)、『社会を結びなおす』(岩波ブックレット)、『軋む社会』(河出文庫)、『多元化する「能力」と日本社会 』(NTT出版)、『「家庭教育」の隘路』(勁草書房)、『若者と仕事』(東京大学出版会)、『学校の「空気」』(岩波書店)などがある。

検索結果

前のページへ戻る
3件1~3件を表示しています。
       昇順に並び替え 降順に並び替え

「日本」ってどんな国? ─国際比較データで社会が見えてくる

本田 由紀 著 

家族、ジェンダー、学校、友人、経済・仕事、政治・社会運動について世界各国データと比較し、日本がどんな国か考えてみよう。今までの「普通」が変わるかも!?

  新書判   272頁   刊行日 2021/10/05  ISBN 978-4-480-68412-7
JANコード 9784480684127

定価:本体920 円+税

在庫  問合せ

もじれる社会 ─戦後日本型循環モデルを超えて

本田 由紀 著 

行き詰まり、悶々とした状況にある日本社会の見取図を描き直し、教育・仕事・家族の各領域が抱える問題を分析、解決策を考える。

ちくま新書  新書判   256頁   刊行日 2014/10/06  ISBN 978-4-480-06790-6
JANコード 9784480067906

定価:本体820 円+税

在庫  ○

教育の職業的意義 ─若者、学校、社会をつなぐ

本田 由紀 著 

このままでは、教育も仕事も、若者たちにとって壮大な詐欺でしかない。教育と社会との壊れた連環を修復し、日本社会の再編を考える。

ちくま新書  新書判   240頁   刊行日 2009/12/07  ISBN 978-4-480-06523-0
JANコード 9784480065230

定価:本体820 円+税

在庫  ○

  • 1