高取 正男
タカトリ マサオ

1926-81年。京都大学文学部史学科卒業。京都女子大学教授などをつとめた。専門は民俗学、日本文化史。著書に『神道の成立』(平凡社ライブラリー)、『宗教以前』(共著、ちくま学芸文庫)などがある。

検索結果

前のページへ戻る
2件1~2件を表示しています。
       昇順に並び替え 降順に並び替え

日本的思考の原型 ─民俗学の視角

高取 正男 著 

何気なく「そういうものだ」と思っている習俗習慣は、先祖たちの暮らしの蓄積が生んだものだった。われわれの深層心理から、日本の歴史を読みとく。

ちくま学芸文庫  文庫判   224頁   刊行日 2021/07/08  ISBN 978-4-480-51074-7
JANコード 9784480510747

定価:本体1,000 円+税

在庫  ○

宗教以前

高取 正男 著  橋本 峰雄 著 

日本人の魂の救済はいかにして実現されうるのか。民俗の古層を訪ね、今日的な宗教のあり方を指し示す、幻の名著。 <br /> 【解説: 阿満利麿 】

ちくま学芸文庫  文庫判   288頁   刊行日 2010/07/07  ISBN 978-4-480-09301-1
JANコード 9784480093011

定価:本体1,100 円+税

在庫  ○

  • 1