大木 康
オオキ ヤスシ

1959年横浜生まれ。東京大学大学院人文科学研究科博士課程(中国語中国文学専門課程)単位取得退学。博士(文学)。東京大学東洋文化研究所助手、広島大学文学部助教授、東京大学文学部助教授、同東洋文化研究所助教授を経て、東京大学東洋文化研究所教授。専門は、中国明清時代文学。主な著書に『不平の中国文学史』(筑摩書房)、『『史記』と『漢書』』(岩波書店)、『明末のはぐれ知識人』(講談社選書メチエ)などがある。

検索結果

前のページへ戻る
1件1~1件を表示しています。
       昇順に並び替え 降順に並び替え

現代語訳 史記

司馬 遷 著  大木 康 翻訳 

歴史書にして文学書の大古典『史記』から「権力」と「キャリア」をテーマにした極上のエピソードを選出し、現代語訳。「本物の感触」を届ける最上の入門書。

ちくま新書  新書判   256頁   刊行日 2011/02/07  ISBN 978-4-480-06593-3
JANコード 9784480065933

定価:本体820 円+税

在庫  ○

  • 1