ジョセフ・C・グルー
C・グルー,ジョセフ

1880-1965年。ハーバード大学卒業。アメリカの外交官。夫人アリスはペリー提督の兄の曾孫。ロシア、ドイツ、デンマーク、スイス、トルコなどに駐在。1924-27年国務次官。32年6月、特命全権大使として日本に着任。以後10年にわたり日米の緊張緩和に努めるもかなわず、42年戦時交換船で帰国。帰国後国務長官代理などを務め、日本の戦後処理構想を立案、天皇制の存続や原爆投下反対を進言。戦後も日米親善に尽力。

検索結果

前のページへ戻る
2件1~2件を表示しています。
       昇順に並び替え 降順に並び替え

滞日十年 下

ジョセフ・C・グルー 著  石川 欣一 翻訳 

知日派の駐日大使グルーは日米開戦の回避に奔走。下巻は、ついに日米に戦端が開かれ、1942年、戦時交換船で帰国するまでの記録。 <br /> 【解説: 保阪正康 】

ちくま学芸文庫  文庫判   448頁   刊行日 2011/10/06  ISBN 978-4-480-09402-5
JANコード 9784480094025

定価:本体1,500 円+税

在庫  ○

滞日十年 上

ジョセフ・C・グルー 著  石川 欣一 翻訳 

日米開戦にいたるまでの激動の十年、どのような外交交渉が行われたのか。駐日アメリカ大使による貴重な記録。上巻は1932年から1939年まで。

ちくま学芸文庫  文庫判   464頁   刊行日 2011/09/07  ISBN 978-4-480-09401-8
JANコード 9784480094018

定価:本体1,500 円+税

在庫  ○

  • 1