児玉 聡
コダマ サトシ

1974年大阪府生まれ。京都大学大学院文学研究科博士課程研究指導認定退学。博士(文学)。現在、東京大学大学院医学系研究科専任講師。専門は、倫理学・政治哲学。功利主義を軸として英米の近現代倫理思想を研究する。また、臓器移植や終末期医療等の生命・医療倫理の今日的問題をめぐる哲学的探求を続ける。著書に『功利と直観――英米倫理思想史入門』(平成23年度日本倫理学会和辻賞受賞)、共著に『入門・医療倫理』(1・2)(以上、勁草書房)などがある。

検索結果

前のページへ戻る
1件1~1件を表示しています。
       昇順に並び替え 降順に並び替え

功利主義入門  ─はじめての倫理学

児玉 聡 著 

「よりよい生き方のために常識やルールをきちんと考えなおす」技術としての倫理学において「功利主義」は最有力のツールである。自分で考える人のための入門書。

ちくま新書  新書判   224頁   刊行日 2012/07/04  ISBN 978-4-480-06671-8
JANコード 9784480066718

定価:本体800 円+税

在庫  ○

  • 1