青木 淳悟
アオキ ジュンゴ

1979年埼玉県生まれ。早稲田大学在学中の2003年、「四十日と四十夜のメルヘン」で新潮新人賞を受賞。2005年、第一作品集『四十日と四十夜のメルヘン』で野間文芸新人賞を、2012年には『私のいない高校』で三島由紀夫賞を受賞した。その他の著作に『このあいだ東京でね』などがある。

検索結果

前のページへ戻る
1件1~1件を表示しています。
       昇順に並び替え 降順に並び替え

いい子は家で

青木 淳悟 著 

母、兄、父、家事、間取り、はては玄関の鍵の仕組みまで、徹底的に「家」を描いた驚異の「新・家族小説」。一篇を増補して待望の文庫化。 <br /> 【解説: 豊�ア由美 】

ちくま文庫  文庫判   240頁   刊行日 2013/04/10  ISBN 978-4-480-43036-6
JANコード 9784480430366

定価:本体740 円+税

在庫  ○

  • 1