大河内 昭爾
オオコウチ ショウジ

1928-2013鹿児島県生まれ、早稲田大学国文科卒。文芸評論家。武蔵野大学名誉教授。長年にわたり「文學界」同人誌評を担当、若手小説家の発掘に努める。また食関連の雑誌編集長を務めるなど、食や紀行についての仕事も多い。主な著書に『青春文学ノート』『現代の抒情』『小説のすすめ』『文壇人國記』『かえらざるもの』『味覚の日本地図』『猫舌の食べ歩き』『随筆 井伏家のうどん』など。

検索結果

前のページへ戻る
1件1~1件を表示しています。
       昇順に並び替え 降順に並び替え

あさめし・ひるめし・ばんめし ─アンチ・グルメ読本

日本ペンクラブ 編集  大河内 昭爾   

味にまつわる随筆から辛辣な批評まで、食の原点がここにある。文章の手だれ32名による庖丁捌きも鮮やかな自慢の一品をご賞味あれ。 <br /> 【解説: 林望 】

ちくま文庫  文庫判   320頁   刊行日 2014/02/06  ISBN 978-4-480-43145-5
JANコード 9784480431455

定価:本体880 円+税

在庫  ○

  • 1