夢枕 獏
ユメマクラ バク

1951(昭和26)年、神奈川県生まれ。77年に『カエルの死』でデビュー。「キマイラ」「魔獣狩り」「陰陽師」「餓狼伝」など続々と人気シリーズを発表し、ベストセラー作家となる。89年に『上弦の月を喰べる獅子』が第10回日本SF大賞、98年に『神々の山嶺』が第11回柴田錬三郎賞、2011年発表の『大江戸釣客伝』で第39回泉鏡花文学賞、第5回舟橋聖一文学賞、第46回吉川英治文学賞を受賞する。近著に『大江戸恐龍伝』(全5巻)。

検索結果

前のページへ戻る
1件1~1件を表示しています。
       昇順に並び替え 降順に並び替え

鬼譚

夢枕 獏 編著 

夢枕獏がジャンルに囚われず、古今の「鬼」にまつわる作品を蒐集した傑作アンソロジー。坂口安吾、手塚治虫、山岸凉子、筒井康隆、馬場あき子、他。

ちくま文庫  文庫判   448頁   刊行日 2014/09/10  ISBN 978-4-480-43205-6
JANコード 9784480432056

定価:本体950 円+税

在庫  ○

  • 1