神崎 宣武
カンザキ ノリタケ

1944年岡山県生まれ。民俗学者。武蔵野美術大学在学中より宮本常一の教えを受ける。長年にわたり国内外の民俗調査・研究に取り組むとともに、陶磁器や民具、食文化、旅文化、盛り場など幅広いテーマで執筆活動を行なっている。現在、旅の文化研究所所長。郷里で神主も務めている。主な著書に『大和屋物語 大阪ミナミの花街民俗史』『酒の日本文化』『しきたりの日本文化』『江戸の旅文化』『盛り場の民俗史』『台所用具は語る』『わんちゃ利兵衛の旅 テキヤ行商の世界』などがある。

検索結果

前のページへ戻る
1件1~1件を表示しています。
       昇順に並び替え 降順に並び替え

聞書き 遊廓成駒屋

神崎 宣武 著 

名古屋中村遊廓跡で出くわした建物取壊し。そこから著者の遊廓をめぐる探訪が始まる。女たちの隠された歴史が問いかけるものとは。解説 井上理津子

ちくま文庫  文庫判   304頁   刊行日 2017/01/10  ISBN 978-4-480-43398-5
JANコード 9784480433985

定価:本体860 円+税

在庫  ○

  • 1