向田 邦子
ムコウダ クニコ

1929年生まれ。脚本家、エッセイスト、小説家。雑誌記者を経て脚本家となり、「寺内貫太郎一家」「阿修羅のごとく」などテレビ史上に残る数々の名作ドラマを執筆する。小説家として1980年に直木賞受賞。1981年、飛行機事故で急逝。

検索結果

前のページへ戻る
2件1~2件を表示しています。
       昇順に並び替え 降順に並び替え

向田邦子シナリオ集 ─昭和の人間ドラマ

向田 邦子 著  向田 和子 編集 

いまも人々の胸に残る向田邦子のドラマ。「隣りの女」「七人の刑事」など、テレビ史上に残る名作、知られざる傑作をセレクト収録する。解説 平松洋子

  文庫判   352頁   刊行日 2021/07/08  ISBN 978-4-480-43751-8
JANコード 9784480437518

定価:本体900 円+税

在庫  切れ中

向田邦子ベスト・エッセイ

向田 邦子 著  向田 和子 編集 

いまも人々に読み継がれている向田邦子。その随筆の中から、家族、食、犬と猫、こだわりの品、旅、仕事、私…、といったテーマで選ぶ。解説 角田光代

ちくま文庫  文庫判   384頁   刊行日 2020/03/09  ISBN 978-4-480-43659-7
JANコード 9784480436597

定価:本体900 円+税

在庫  ○

  • 1