カーソン・マッカラーズ
カーソン マッカラーズ

カーソン・マッカラーズ[Carson McCullers 1917―67]:アメリカの女性作家。ジョージア州に生まれる。初めピアニストを志してニューヨークへ出るが、その直後に授業料を紛失し音楽家を断念、コロンビア、ニューヨーク両大学の創作クラスで学ぶ。主な創作活動期は1940年代で、最初の長編『心は孤独な猟人』(1940)は、村上春樹の手により新訳が刊行され話題となった(2020年8月)。

検索結果

前のページへ戻る
1件1~1件を表示しています。
       昇順に並び替え 降順に並び替え

マッカラーズ短篇集

カーソン・マッカラーズ 著  ハーン小路 恭子 編訳  西田 実 翻訳 

再評価が進むマッカラーズの短篇集。奇妙な片思いが連鎖する「悲しき酒場の唄」をはじめ、異質な存在とクィアな欲望が響きあう触発の物語八編を収録。

ちくま文庫  文庫判   272頁   刊行日 2023/05/10  ISBN 978-4-480-43871-3
JANコード 9784480438713

定価:本体1,000 円+税

在庫  問合せ

  • 1