ジャック・ロンドン
ロンドン,ジャック

ジャック・ロンドン(Jack London):1876年、サンフランシスコ生まれ。1916年没。工場労働者、船員、ホーボーなどを経て、1903年に『野性の呼び声』で一躍人気作家に。「短篇の名手」として知られ、小説やルポルタージュなど多くの作品を残した。邦訳に『白い牙』『どん底の人びと』『マーティン・イーデン』『火を熾す』『犬物語』などがある。

検索結果

前のページへ戻る
1件1~1件を表示しています。
       昇順に並び替え 降順に並び替え

ザ・ロード ─アメリカ放浪記

ジャック・ロンドン 著  川本 三郎 訳 

無賃乗車の技術、刑務所でのサバイバル、貧窮ホーボー生活…「短篇の名手」J・ロンドンが10代の頃のアメリカ大陸放浪を語る隠れた名作。

ちくま文庫  文庫判   288頁   刊行日 2024/04/10  ISBN 978-4-480-43949-9
JANコード 9784480439499

定価:本体880 円+税

在庫  問合せ

  • 1