万葉樵話――万葉こぼれ話

第七回 非正統の万葉歌――巻十六から

1 / 2 / 3 / 4次のページへ

和歌と漢語

 和歌(短歌)と俳句はどこが違うのだろうか。三十一文字と十七文字の別はさておき、そのもっとも大きな違いは、用いられる言葉にあるのではあるまいか。和歌は和語(大和言葉)で歌われることを原則とするが、俳句はもっと自由であり、漢語(字音語)や俗語の使用も許されている。いわゆるはいごんである。たとえば、そん(一七一六~八四)に次のような句がある。

ゆく春やしゆんじゆんとしておそざくら
(蕪村句集・上)
〈口語訳〉
春がためらいがちに去って行こうとするが、その春を引き留めるかのように、遅咲きの桜が花を開かせている。

 「逡巡」は漢語であり、「ゆく春」と「遅ざくら」の双方にかる。「逡巡」を中心に据えることで、句全体が引き締められている。

 ところが、『万葉集』の場合、俗語はともかく、漢語(字音語)はまったく現れない。それどころか漢語を拒否する意識が明白に見られる。

 後代に浦島太郎の物語として展開されることになるその原型は、たん国(現在の京都府北部と兵庫県東部。なお、和銅六(七一三)年、丹波国から分かれて丹後国〈現在の京都府北部〉が作られた)の国司であったべのむらじうまかい(?~七〇二?)が在地の伝承に中国神仙譚的な要素を加味して創作した「うらしまでん」にあるとされる。その内容が『たんごのくに』(いつぶん)に記録されているが、そこには浦島子が赴いた先が「仙都」「ほうらい)山」「神仙界」などと記されている。この伝承は『日本書紀』「雄略紀」にも記されるが、そこにも浦島子が「蓬莱山」に到ったと記されている。『丹後国風土記』には、浦島子がかめ(浦島太郎の物語のおとひめ)とみ交わした歌が記されるが、興味深いことに、そこでは浦島子が訪れた世界が「とこ」に改められている。

 『万葉集』にも、たかはしのむし(生没年未詳)の歌った浦島子の伝説歌が見えるが、そこでも浦島子の訪れた世界は「常世」とされている。長歌は長いので、反歌のみを示しておく。

とこに住むべきものをつるぎ太刀たちが心からおそやこの君
(巻九・一七四一)
〈口語訳〉
常世の方に住むはずのものを、つるぎたち、その――自分の心のせいで、愚かなことよ、この君(浦島子)は。

 常世にいれば永遠の寿命を得ることができたはずの浦島子が、あえてこの世界に戻って来たことを「おそや(愚かなことよ)」と批判的に捉えている。

 「常世」とは、古代の日本人が海の彼方に想像した不老不死の永遠の世界をいう。散文部分(漢文体の文章)では、「蓬莱」「神仙界」と書きながら、和歌ではそれを「常世」に置き換えたことになる。このことは、「蓬莱」のような漢語は、和歌には用いることができなかったことを示している。

1 / 2 / 3 / 4次のページへ
ちくまの教科書トップページへ テスト問題作成システム テスト問題作成システム:デモ版 筑摩書房ホームページへ 筑摩書房のWebマガジンへ お問い合わせ