筑摩叢書182 アクセルの城

E・ウィルソン

プルースト、ジョイスらの作品の重要性を早くから評価しつつ、現代文学における象徴主義的傾向を批判した名著の新訳。解説=篠田一士「E・ウィルソンのために」。

筑摩叢書182 アクセルの城
  • シリーズ:シリーズ・全集
  • 1,540円(税込)
  • Cコード:1098
  • 整理番号:
  • 刊行日: 1972/01/24
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:384
  • ISBN:4-480-01182-X
  • JANコード:9784480011824
E・ウィルソン
E・ウィルソン

ウィルソン,E

1895−1972年。アメリカの批評家。ニュージャージー州生まれ。プリンストン大学卒業後、第一次世界大戦に従軍。雑誌『ヴァニティ・フェア』『ニュー・リパブリック』の編集に携わったのち『ニューヨーカー』の書評主幹をつとめた。20世紀アメリカを代表する批評家として、多岐にわたるテーマで、多数のエッセー、ブックレビュー、ルポルタージュ、文学評論などを執筆。主な著書に『愛国の血糊』、『フィンランド駅へ』、『死海写本』などがある。

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可