筑摩叢書196 愛とアレゴリー

C・S・ルイス

アレゴリーという表現方法は、人間の心にとって普遍的な特徴である。その特徴がなぜ中世の恋愛詩において人気を得たかを明確にする。西欧中世文学論の古典。

筑摩叢書196 愛とアレゴリー
  • シリーズ:シリーズ・全集
  • 1,650円(税込)
  • Cコード:1098
  • 整理番号:
  • 刊行日: 1972/11/10
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:400
  • ISBN:4-480-01196-X
  • JANコード:9784480011961

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可