筑摩叢書302 羽仁五郎歴史論抄

Everybody, his・・・EFC1・her own historian! つねに自由な市民の立場にあり続けた羽仁五郎。現代日本が持ち得たこの巨大な歴史家の精髄を伝える二十篇の文章を収めた一巻。

筑摩叢書302 羽仁五郎歴史論抄
  • シリーズ:シリーズ・全集
  • 2,420円(税込)
  • Cコード:0020
  • 整理番号:
  • 刊行日: 1986/10/24
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:428
  • ISBN:4-480-01302-4
  • JANコード:9784480013026

この本の内容

羽仁五郎の歴史学はつねに自由な市民の立場にあった。かれによれば、歴史を研究することは現代をいかに生きるかを追求することにほかならなかったのである。本書には、この現代日本の持ち得た歴史家の、雄勁清冽な20篇の文章を選び、羽仁史学の精髄を収める。

この本の目次

歴史とは何か
歴史および歴史科学
歴史家の苦心
事実の選択と解釈―生の存在構造と史観
現代に生きる歴史学徒の任務
歴史教育
歴史教育批判―児童の歴史観とその表現
日本歴史の特殊性
明治維新史解釈の変遷
近代と現代(1)
日本文学と歴史
新井白石と国語の問題
日本文化における三木清の地位
わが師・わが兄三木清
人民の天才・野呂栄太郎
ノルマンの死
つださうきちの学問
良心の書―津田左右吉著『儒教の実践道徳』
日本における人類学の開拓者岡田太郎
われわれのアンシクロペディ

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可