筑摩叢書303 ヴァン・ゴッホ

アントナン・アルトー

狂気に隣接して生きた詩人が、最晩年に一気に書下した、画家に覚えた全身的な共感が生み出した血の叫びとも言うべき美術論の傑作。「神経の秤」「芸術と死」併収。

筑摩叢書303 ヴァン・ゴッホ
  • シリーズ:シリーズ・全集
  • 1,434円(税込)
  • Cコード:0098
  • 整理番号:
  • 刊行日: 1986/10/24
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:200
  • ISBN:4-480-01303-2
  • JANコード:9784480013033

この本の内容

狂気に隣接して生きた詩人にして残酷演劇の実践者アルトーの、最晩年に一気に書下された美術論の傑作。「単なる批評的産物というよりも、この異様な詩人がゴッホに覚えた全身的な共感が生み出した血の叫びとでも言うべきもの。」最初期の作品『神経の秤』および『芸術と死』(本邦初訳)を加える。図版4点収録。

この本の目次

ヴァン・ゴッホ―社会が自殺させた者
神経の秤
芸術と死(或る種の不安の…
女占者の手紙
エロイーズとアベラール
明るいアベラール
毛のウッチェロ
力の鉄床
自動人形
愛のガラス)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可