筑摩叢書333 解剖刀をとりて

鴎外を父としながら「思うところあって」文学者にならなかった著者が、解剖学者として折にふれ綴ったエッセイ集。「動きが目に浮かぶ」(養老孟司)文章の妙。

筑摩叢書333 解剖刀をとりて
  • シリーズ:シリーズ・全集
  • 定価:本体1,398円+税
  • Cコード:0095
  • 整理番号:
  • 刊行日: 1989/05/12
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:216
  • ISBN:4-480-01333-4
  • JANコード:9784480013330

この本の内容

鴎外を父としながら「思うところあって」文学者にならなかった著者が、解剖学者として折にふれ書き綴った随想を集める。死者のイメージに出会うヨーロッパ体験、実習室での奇妙な出来事、愛犬を失うの記、なきがらとの対話幻想などを語って自称「ボンヤリ教授」のペンが冴える。

この本の目次

屍体異変
死面の印象
老いの話
屍体春秋
死面生面
屍体展望
研究室の1話
顕微鏡雑話
白い町
生命の泉
屍体絵巻
臍を噛む
蛙の臍
敬礼
鯨とポプラ
抽籖
放心教授
犬の死因
老犬
解剖雑話
魂魄分離
なきがら陳情
弱きものよ汝の名は男なり
空想半熟卵
耄碌寸前

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可