筑摩叢書346 人類学的思考

山口 昌男

「道化」を知的活動のモデルに据え、動脈硬化しがちな現実を活性化するため刺激的な文化理論を展開した著者の、七〇年代の出発点を証す最も輝かしい軌跡の集成。

筑摩叢書346 人類学的思考
  • シリーズ:シリーズ・全集
  • 3,075円(税込)
  • Cコード:0070
  • 整理番号:
  • 刊行日: 1990/11/28
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:506
  • ISBN:4-480-01346-6
  • JANコード:9784480013460
山口 昌男
山口 昌男

ヤマグチ マサオ

1931年生まれ。東京外国語大学名誉教授。2013年没。

この本の内容

1969年1月に発表された「失われた世界の復権」と「文化と狂気」は、70年代の知的シーンの幕開けをうながすために投擲された二個の爆弾であった。この二篇を軸に集められた最初の評論集である本書は、その後「道化」を知的活動のモデルに据え、動脈硬化しがちな現実を活性化するために「周辺」的な存在に着目し、刺激的な文化理論を展開していった著者の出発点を証す冒険と挑発にあふれた書物である。

この本の目次

人類学的認識の諸前提―戦後日本人類学の思想状況
マルクス主義と人類学―石田英一郎『文化人類学ノート』をめぐって
調査する者の眼―人類学批判の批判
人類学的調査について―帝国主義と人類学
柳田に弟子なし―若き民俗学徒への手紙
アフリカの知的可能性
未開社会における歌謡
瓢箪と学生
黒の人類学
地獄以前
王権の象徴性
徒党の系譜
アマチュアの使命
文化の中の知識人像―人類学的考察
マンガと劇画―子供のためのマンガから
文盲のすすめ―文字と人間
狂気の民俗学
文化と狂気―ホモ・デリルス
失われた世界の復権〔ほか〕

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可