シック・マザー ─心を病んだ母親とその子どもたち

岡田 尊司

子は親の鏡

子どもの心や発達の問題とみなされる事象の背後に、母親の病が隠されていた! 精神医学の立場から「機能不全に陥った母とその子」の現実を検証、克服の道を探る。

シック・マザー ─心を病んだ母親とその子どもたち
  • シリーズ:
  • 1,870円(税込)
  • Cコード:0311
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2011/06/13
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:320
  • ISBN:978-4-480-01521-1
  • JANコード:9784480015211
岡田 尊司
岡田 尊司

オカダ タカシ

1960年、香川県生まれ。精神科医、医学博士。東京大学文学部哲学科中退。京都大学医学部卒。同大学院高次脳科学講座神経生物学教室、脳病態生理学講座精神医学教室にて研究に従事。2013年、岡田クリニック開院。パーソナリティ障害治療の最前線に立ち、臨床医として若者の心の危機に向かい合う。小説家・小笠原慧としても活動し、横溝正史ミステリ大賞を受賞した『DZ』などがある。『シック・マザー 心を病んだ母親とその子どもたち』(筑摩選書)、『母という病』(ポプラ新書)、『回避性愛着障害 絆が稀薄な人たち』(光文社新書)等著書多数。

この本の内容

子どもの心や行動、発達の問題とみなされる状態の背後に、母親の病が隠されていた!うつや不安障害、パーソナリティ障害や依存症など、近年増加する子育て世代の心の病。不安定な親に育てられる子どもたちは、どのような精神状態にあるのか。発達や人格形成に影響はないのか。どうすれば乗り越えられるのか。これまで見過ごされがちだった「機能不全に陥った母親とその子どもたち」の現実を検証、克服の道を探る。

この本の目次

第1章 シック・マザーとは何か
第2章 シック・マザーの問題はどう理解されてきたか
第3章 シック・マザーと不安定型愛着
第4章 シック・マザーと子どもの発達
第5章 シック・マザーと子どものパーソナリティ
第6章 シック・マザーの特性と背景
第7章 シック・マザーがかかえる疾患、障害
第8章 シック・マザーを克服する

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可