日本語の深層 ─〈話者のイマ・ココ〉を生きることば

熊倉 千之

感性の勝利

日本語の助動詞「た」は客観的過去を示さない。文中に遍在する「あり」の分析を通して日本語の発話の「イマ・ココ」性を究明し、西洋語との違いを明らかにする。

日本語の深層 ─〈話者のイマ・ココ〉を生きることば
  • シリーズ:
  • 1,760円(税込)
  • Cコード:0381
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2011/07/13
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:256
  • ISBN:978-4-480-01524-2
  • JANコード:9784480015242
熊倉 千之
熊倉 千之

クマクラ チユキ

一九三六年盛岡生まれ。サンフランシスコ州立大学卒業。カリフォルニア大学(バークレー)にてPh.D.(日本文学)取得。ミシガン大学、サンフランシスコ州立大学などで日本語・日本文学を教える。一九八八年に帰国後、東京家政学院大学、金城学院大学教授を歴任。現在はフリーの研究者。著書に『日本人の表現力と個性──新しい「私」の発見』(中公新書、一九九〇)、『見つめあう日本とアメリカ──異文化の新しい交差を求めて』(共著、南雲堂、一九九五)、『漱石のたくらみ──秘められた?明暗?の謎をとく』(筑摩書房、二〇〇六)『漱石の変身──「門」から「道草」への羽ばたき』(筑摩書房、二〇〇九)など。

この本の内容

過去を示す「た」で結ばれる文章の中に「る」「ある」など現在形の文章が混入することに、なぜ私たちは矛盾を感じないのか。それは、話者の意識に現前し、話者の現在に喚起される日本語特有の「過去」だからである。この生々しい現前を尊ぶ感性は、記述の根拠を話し手の“イマ・ココ”に置く視点を育み、話者の心の中に生起する物事を感受し合う言語文化を醸成してきた。“イマ・ココ”に始まるまったく新しい日本語論。

この本の目次

第1章 日本語の空間―話し手の「ココ」(膠着語としてのやまとことば
話し手の視点)
第2章 日本語の時間―話し手の「イマ」(「現実」を認知する感性
語りの「イマ」と物語の現在)
第3章 感性の共鳴―日本語の社会性(紫式部の構想力
他者への感情移入―能楽のワキ
物語の声―浄瑠璃の太夫)
第4章 語り手不在の「三人称小説」と作者の声(近代小説の「非文法」、あるいは日本語の「仮構」
短篇集『古譚』―中島敦の遺書
日本語の冒険)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可