熊倉 千之
クマクラ チユキ

一九三六年盛岡生まれ。サンフランシスコ州立大学卒業。カリフォルニア大学(バークレー)にてPh.D.(日本文学)取得。ミシガン大学、サンフランシスコ州立大学などで日本語・日本文学を教える。一九八八年に帰国後、東京家政学院大学、金城学院大学教授を歴任。現在はフリーの研究者。著書に『日本人の表現力と個性──新しい「私」の発見』(中公新書、一九九〇)、『見つめあう日本とアメリカ──異文化の新しい交差を求めて』(共著、南雲堂、一九九五)、『漱石のたくらみ──秘められた?明暗?の謎をとく』(筑摩書房、二〇〇六)『漱石の変身──「門」から「道草」への羽ばたき』(筑摩書房、二〇〇九)など。

検索結果

前のページへ戻る
3件1~3件を表示しています。
       昇順に並び替え 降順に並び替え

日本語の深層 ─〈話者のイマ・ココ〉を生きることば

熊倉 千之 著 

日本語の助動詞「た」は客観的過去を示さない。文中に遍在する「あり」の分析を通して日本語の発話の「イマ・ココ」性を究明し、西洋語との違いを明らかにする。

筑摩選書  四六判   256頁   刊行日 2011/07/13  ISBN 978-4-480-01524-2
JANコード 9784480015242

定価:本体1,600 円+税

在庫  ○

漱石の変身 ─『門』から『道草』への羽ばたき

熊倉 千之 著 

八方塞りの暗い小説として百年もの間誤読されてきた『門』――実は作家への変身を物語る冒険推理小説であり、『道草』はその解決編であることを精密な分析で実証。

単行本  四六判   312頁   刊行日 2009/03/23  ISBN 978-4-480-82363-2
JANコード 9784480823632

定価:本体2,800 円+税

漱石のたくらみ  ─秘められた『明暗』の謎をとく

熊倉 千之 著 

小説『明暗』が「暗」から「明」に至る二階建構造であることの発見を通して、未完部分を四〇回分と特定。克明な描写にちりばめられた数々の謎に迫る文学ミステリー。

単行本  四六判   320頁   刊行日 2006/10/25  ISBN 4-480-82358-1
JANコード 9784480823588

定価:本体2,200 円+税

  • 1