脳の病気のすべて ─頭痛、めまい、しびれから脳卒中まで

角南 典生

いちばん危ないのは過信。
病気になる前に知って
おくべきことがこの一冊に。

脳の病気は「自分には関係ない」と考えがち。そう思わせているのも脳です。気付きにくい自覚症状から病院や検査の使い方まで、いざという時に必須の基礎知識。

脳の病気のすべて ─頭痛、めまい、しびれから脳卒中まで
  • シリーズ:
  • 1,650円(税込)
  • Cコード:0347
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2013/11/13
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:256
  • ISBN:978-4-480-01585-3
  • JANコード:9784480015853
角南 典生
角南 典生

スナミ ノリオ

一九五一年生まれ。松山市民病院脳神経外科部長。一九七六年岡山大学医学部卒業。一九八四年日本脳神経外科学会専門医取得。一九九六年より現職。二〇〇二年より松山市脳卒中対策協議会委員を務めた。著書に『Dr.すなみの脳のおはなし』『Dr.すなみのかしこい患者学』『Dr.すなみの脳のおはなしPART2』(以上、愛媛新聞社)がある。

この本の内容

脳の病気というと「自分は関係ない」と思っている人がじつに多いもの。そう思わせているのも脳の働きです。病気になってからでは考えるひまもありません。病気になる「前に」それがどんなものなのか、どんな兆候や自覚症状があるのか、病院のかかり方から予防法まで、ひと通り知っておくことでリスクは大幅に減らせます。検査の数値の見方、飲酒の功罪、医師に質問する際のポイントなど、具体的な症例をもとに経験豊富な脳外科医が解説。

この本の目次

第1章 もし突然倒れたら…
第2章 知っておきたい頭痛三兄弟
第3章 めまい・ふらつき・しびれ・ふるえ
第4章 手術で治せる脳の病気
第5章 脳卒中は防げます―脳卒中予防10カ条
第6章 脳の医者のかかり方

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可