漢字の成り立ち ─『説文解字』から最先端の研究まで

落合 淳思

正しい字源を探るための方法とは何か。『説文解字』から白川静までの字源研究を批判的に継承した上で到達した最先端の成果を平易に紹介する。新世代の入門書。

漢字の成り立ち ─『説文解字』から最先端の研究まで
  • シリーズ:
  • 定価:本体1,600円+税
  • Cコード:0387
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2014/04/14
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:288
  • ISBN:978-4-480-01594-5
  • JANコード:9784480015945
落合 淳思
落合 淳思

オチアイ アツシ

一九七四年生まれ。立命館大学大学院文学研究科博士課程修了。専門は中国の古代文字と古代史。著書に『甲骨文字小字典』(筑摩選書)、『甲骨文字に歴史をよむ』(ちくま新書)、『殷代史研究』(朋友書店)、『甲骨文字の読み方』『古代中国の虚像と実像』(ともに講談社現代新書)などがある。

この本の内容

世の中に流布している漢字の字源説の中にも、実は誤りが少なくない。それでは、「正しい」字源とは何なのか。どうすればそこに到達できるのだろうか。『説文解字』から白川静・藤堂明保まで、従来の字源研究を批判的に継承しながら、近年整理されつつある資料の活用と、科学的な方法論によって得られた最先端の成果を平易に紹介する。漢字の原点に関心を持つすべての人に送る新世代の入門書。

この本の目次

第1章 漢字の誕生と継承
第2章 漢字の成り立ちと三つの要素
第3章 字源研究の歴史
第4章 字音からの字源研究
第5章 字形からの字源研究
第6章 字義からの字源研究
第7章 最新の成果

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可