落合 淳思
オチアイ アツシ

一九七四年生まれ。立命館大学大学院文学研究科博士課程修了。専門は中国の古代文字と古代史。著書に『甲骨文字小字典』(筑摩選書)、『甲骨文字に歴史をよむ』(ちくま新書)、『殷代史研究』(朋友書店)、『甲骨文字の読み方』『古代中国の虚像と実像』(ともに講談社現代新書)などがある。

検索結果

前のページへ戻る
3件1~3件を表示しています。
       昇順に並び替え 降順に並び替え

漢字の成り立ち ─『説文解字』から最先端の研究まで

落合 淳思 著 

正しい字源を探るための方法とは何か。『説文解字』から白川静までの字源研究を批判的に継承した上で到達した最先端の成果を平易に紹介する。新世代の入門書。

筑摩選書  四六判   288頁   刊行日 2014/04/14  ISBN 978-4-480-01594-5
JANコード 9784480015945

定価:本体1,600 円+税

在庫  ○

甲骨文字小字典

落合 淳思 著 

漢字の源流「甲骨文字」のうち、現代日本語の基礎となっている教育漢字中の三百余字を収録。最新の研究でその成り立ちと意味の古層を探る。漢字文化を愛する人の必携書。

筑摩選書  四六判   352頁   刊行日 2011/02/14  ISBN 978-4-480-01509-9
JANコード 9784480015099

定価:本体1,900 円+税

在庫  ○

甲骨文字に歴史をよむ

落合 淳思 著 

漢字の原型である甲骨文字は、どんな世界・どんな社会・どんな信仰において書き記されたのだろうか? その成り立ちや読み方を解説しながら、古代文明の姿を覗く。

ちくま新書  新書判   240頁   刊行日 2008/07/07  ISBN 978-4-480-06431-8
JANコード 9784480064318

定価:本体720 円+税

  • 1