希望の思想 プラグマティズム入門

大賀 祐樹

熱狂するナショナリズム、
ヘイトスピーチ、
宗教対立……。

暫定的で可謬的な「正しさ」を肯定し、誰もが共生できる社会構想を切り拓くプラグマティズム。デューイ、ローティらの軌跡を辿り直し、現代的意義を明らかにする。

希望の思想 プラグマティズム入門
  • シリーズ:
  • 1,650円(税込)
  • Cコード:0310
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2015/01/13
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:224
  • ISBN:978-4-480-01614-0
  • JANコード:9784480016140

この本の内容

誰しも人は、宗教や道徳など、何らかの「信念」を抱いて生きている。異なる「信念」同士が衝突し、それが深刻化すると、凄惨な争乱になることすらある。我が「信念」こそ、絶対に「正しい」と信じて疑わないからだ。そうした対立を超克し、互いの差異を肯定しながら、協働し共生するための哲学とは何か?パース、ジェイムズ、デューイ、クワイン、ローティら、プラグマティズムの重要人物を取り上げ、その思想を概観しつつ、現代社会における連帯と共生の可能性を探る哲学の書である。

この本の目次

第1章 プラグマティズムの誕生
第2章 信じることを肯定する
第3章 生き方としての民主主義
第4章 共生と連帯のための原理
第5章 さらなる「連帯」へ
第6章 リベラルで民主的な社会へ

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可