極限の事態と人間の生の意味 ─大災害の体験から

岩田 靖夫

最後に
伝えたかったこと

東北大震災という巨大災害の体験を下に、ヨブ記やカント、ハイデガーやレヴィナスの思想を再考し、「認識のかなた」としての「人間の生」を問い直す。

極限の事態と人間の生の意味 ─大災害の体験から
  • シリーズ:
  • 1,760円(税込)
  • Cコード:0310
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2015/05/13
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:256
  • ISBN:978-4-480-01616-4
  • JANコード:9784480016164
岩田 靖夫
岩田 靖夫

イワタ ヤスオ

1932年生れ。東京大学大学院人文科学研究科博士課程修了。東北大学教授、聖心女子大学教授、仙台白百合女子大学教授を経て、現在は東北大学名誉教授。主な著書に、『アリストテレスの倫理思想』『神の痕跡』『神なき時代の神』『ヨーロッパ思想入門』(いずれも岩波書店)などのほか、『よく生きる』『ギリシア哲学入門』(いずれも、ちくま新書)がある。

この本の内容

東日本大震災という苛烈な、それゆえに理不尽であり不条理でもある体験に、著者は哲学者・キリスト者としてどう向き合ったのだろうか。自らの体験を元に、ヨブ記やカント、ハイデガーやレヴィナスの思想を手がかりとして、かけがえのない「人間の生」を考え抜いた、遺稿となった書き下ろしを含む12の論考。

この本の目次

1 大災害(大災害についての哲学的考察
大災害と人間の生の意味
目的論的自然観からの視覚)
2 絆(人間の絆の根底を考える
人間の絆と「無限」の栄光
寛容―人間の連帯の基礎としての他者の受容)
3 救い(日本的霊性の土壌
無となって自由になる
南無阿弥陀仏―万人はすでに救われている)
4 超越(神秘主義
自我と自己と共同体
自己への回帰)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可