3・11後の社会運動 ─8万人のデータから分かったこと

樋口 直人 編著 , 松谷 満 編著

反原発・反安保法制運動には多数の人が参加した。なぜ、どのような人が参加したのか、膨大なデータから多角的に分析。今後のあり方を考える上で示唆に富む労作!

3・11後の社会運動 ─8万人のデータから分かったこと
  • シリーズ:
  • 定価:本体1,500円+税
  • Cコード:0336
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2020/06/15
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:224
  • ISBN:978-4-480-01698-0
  • JANコード:9784480016980

この本の内容

ピーク時には一カ月で延べ一〇〇万人が参加した反原発デモ。国会前や各地で繰り広げられた反安保法制デモ―。一九七〇年以降、社会運動が退潮していった日本で、三・一一後に大規模デモが復活したのはなぜか。どのような人が、どのようなきっかけで参加したのか。大規模デモが発生し持続し得た理由を、約八万人のデータを用いて多角的に分析し、新たな知見を導き出す。三・一一後の大規模デモと、これからの社会運動を考える上でも示唆に富む労作の誕生!

この本の目次

第1章 個人化時代の社会運動―目覚まし時計としての三.一一
第2章 抗議の波の到来?―誰がいつ参加したのか
第3章 若者はSNSの夢を見るのか?―「運動を知らない」世代の運動参加
第4章 おひとり様のデモ参加?―個人化・SNS時代における運動の参加形態
第5章 デモ参加をめぐるジェンダーギャップ
第6章 動員の限界―何が運動の広がりを阻むのか
第7章 三.一一後の社会運動は参加者をどう変えたか
補遺 調査と分析で用いる変数について

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可