動物たちの霊力

中村 禎里

ヘビやキツネ、サルなどが神の象徴となり、ネズミや昆虫が霊の象徴となった昔。日本人の先祖は野生動物にどんな感情をいだき、思いを託していたのか。

動物たちの霊力
  • シリーズ:シリーズ・全集
  • 1,174円(税込)
  • Cコード:8345
  • 整理番号:
  • 刊行日: 1989/08/25
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:B6判
  • ページ数:228
  • ISBN:4-480-04131-1
  • JANコード:9784480041319

この本の内容

ヘビやキツネ、サルなどが神の象徴となり、ネズミや昆虫が霊の象徴となった昔。いまよりもはるかに動物が身近だったその時代、日本人の祖先は野生動物にどんな感情をいだき、思いを託していたのか。昔話や説話に登場する動物のさまざまな姿をながめながら日本人と動物のかかわりを考える。

この本の目次

神になった動物たち(ヘビ
キツネ
サル)
えたいの知れない動物たち(タヌキ
ワニ)
身近にいる動物たち(イヌ
ウマ
ネズミ)
空とぶ動物たち(カラス
チョウ)
補足

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可