復原・江戸の町

波多野 純

江戸の町はどのように造られていたのか。博物館等の復原模型を多数手がけてきた建築家が、その実際を紹介しつつ、エネルギッシュな江戸の町をリアルに復原する。

復原・江戸の町
  • シリーズ:シリーズ・全集
  • 1,210円(税込)
  • Cコード:8321
  • 整理番号:
  • 刊行日: 1998/11/24
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:B6判
  • ページ数:208
  • ISBN:4-480-04226-1
  • JANコード:9784480042262

この本の内容

江戸の町はどのようにできていたのか。遺された文書や絵画史料を、どのように読み解き推理して、三次元に復原するのか。江戸の中心・日本橋、盛り場の元祖・西両国、庶民の暮らしと町家、結節点・宿場…。復原設計の第一人者が、博物館や資料館に展示される復原模型の実際を語りながら、そこから見えてくる江戸の姿をリアルに再現。歴史学と建築学が手を結んだ新しい学問の世界へと誘う。

この本の目次

プロローグ 大工熊五郎・西両国に遊ぶ
第1章 復原設計とは何か(復原模型のみかた
復原設計の史料)
第2章 江戸を復原する(なぜ江戸か
水の都・江戸 ほか)
第3章 江戸の町並みを復原する(江戸の都市設計
江戸の町家と都市景観 ほか)
第4章 江戸近郊を復原する(江戸の四宿
千住宿の町並み)
第5章 都市としての江戸(都市とは何か
城下町とは何か)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可