真空管の伝説

木村 哲人

情報通信、音響機器の発達を支えたのは真空管だった。録音技師を長く務めた著者が、豊富な専門知識と経験に基づき、真空管のさまざまなエピソードを軽妙に語る。

真空管の伝説
  • シリーズ:シリーズ・全集
  • 1,320円(税込)
  • Cコード:0355
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2001/05/23
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:B6判
  • ページ数:200
  • ISBN:4-480-04245-8
  • JANコード:9784480042453

この本の内容

電話やラジオ放送の発達には真空管が欠かせなかった。トランジスタやICの登場で姿を消しかけたものの、熱心なマニアによって復活しつつある。小型で高性能、そして愛らしい形。真空管の黄金時代はどんなエピソードで彩られているのか。真空管の魅力をあますところなく伝える、愛情あふれる一冊。

この本の目次

真空管の構造
ラジオ放送はじまる
君は真空管を知らないか
電池式だった昔のラジオ
戦争と非常時型ラジオ
海軍の無線好き、陸軍の電波嫌い
アンテナとアースの話
日本陸軍の無線嫌い
方向探知の話
スパイの通信機は安ラジオだった〔ほか〕

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可