ソクラテスの最後の晩餐 ─古代ギリシャ細見

塚田 孝雄

アテネの名物老人ソクラテスが、牢屋(=俗称・別荘)で最後に食べたご馳走はウナギだった! 古代ギリシヤに生きた老若男女の日常をヴィヴィッドに再現する。

ソクラテスの最後の晩餐 ─古代ギリシャ細見
  • シリーズ:シリーズ・全集
  • 1,320円(税込)
  • Cコード:0322
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2002/02/20
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:B6判
  • ページ数:208
  • ISBN:4-480-04249-0
  • JANコード:9784480042491

この本の内容

プラトン先生は「アカデミア」でどんな授業をしていたのか。ソクラテスは死刑が決まってから、最後の日々を牢屋でどのように過ごしたのか。「陶片追放」や「民衆裁判」はどんな仕組みだったのか。ギリシャ・ラテンの文献を渉猟しながら、古代アテネに生きた老若男女の暮らしをヴィヴィッドに再現する。

この本の目次

古代ギリシャへようこそ
サカナ喰いのギリシャ人
アテネの結婚式
女部屋の生活
知恵の教師
プラトンの学園
アカデミア宗教結社説
季節はめぐる
時のはかりかた
浄化としての祭
悲劇と喜劇
絵画対決
オリュンピア競技
陶片追放
ソクラテス裁判
ソクラテス最後の一日
おしまいに―アテネの学堂

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可