テロルの現象学 ─観念批判論序説

笠井 潔

連合赤軍やポルポト派のテロリズム――この近代の病理の根源にある〈観念的なるもの〉の発生現場に遡行し、ラディカルに批判する壮大な論考。

テロルの現象学 ─観念批判論序説
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 1,430円(税込)
  • Cコード:0136
  • 整理番号:カ-4-1
  • 刊行日: 1993/07/07
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:432
  • ISBN:4-480-08069-4
  • JANコード:9784480080691
笠井 潔
笠井 潔

カサイ キヨシ

1948年生まれ。小説家・評論家。小説に『サマー・アポカリプス』(創元推理文庫)『オイディプス症候群』(光文社文庫)『吸血鬼と精神分析』(光文社)、評論に『新版 テロルの現象学』(作品社)『例外社会』(朝日新聞出版)『8.15と9.11』(NHK新書)がある。

この本の内容

連合赤軍事件からポル・ポト派による大虐殺にいたるまで、かつてないグロテスクな相貌を見せた〈近代〉の病理―、テロリズム。ドストエフスキー、カミュ、サルトル、埴谷雄高、高橋和巳らの思索の上に立ち、テロルという観念的暴力を喚起し続ける〈観念的なるもの〉の発生現場に遡行して、その発生史的必然性を解続する、壮大かつラディカルな観念批判論。

この本の目次

1 自己観念
2 共同観念
3 集合観念
4 党派観念

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可