シゾイド人間 ─内なる母子関係をさぐる

小此木 啓吾

一見社交的だが傷つくことを恐れ、人との深い結びつきが持てない現代人、シゾイド人間。精神分析の視点から心の成り立ちを探る。

シゾイド人間 ─内なる母子関係をさぐる
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 1,100円(税込)
  • Cコード:0111
  • 整理番号:オ-2-2
  • 刊行日: 1993/10/07
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ISBN:4-480-08100-3
  • JANコード:9784480081001

この本の内容

一見社交的で明るいが、自分が傷つくことを恐れて人との深い結びつきが持てない、現代日本人。その場その場にふさわしい人物を演じて自分の異質さを表に出さない「同調的引き込もり」をキーワードに、「シゾイド(=分裂)人間」という現代人像を鮮やかに提示し、その精神分析を通じて母子関係における「心」の成り立ちを探る。

この本の目次

プロローグ 心への出発点
1 母子関係の起源―エロス的コミュニケーションの世界
2 心の中の母親像―内的対象の形成
3 幻想と錯覚―主観と客観の交錯する世界
4 三者関係の世界―父と母と子どもの抗争
5 母性愛神話の崩壊―阿闍世コンプレックスとは何か
6 おとなに潜む子どもの心―過去を行為する
7 シゾイド人間―新しいタイプの人間たち
8 日本人のシゾイド人間化―日本的マゾヒズムとの関係
エピローグ 精神分析の目的

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可