江戸の歴史家 ─歴史という名の毒

野口 武彦

江戸の歴史意識のダイナミズムをそれぞれの時代状況とともに検証し、歴史主義のデーモンに捕捉される人間の姿を浮き彫りにした力作。

江戸の歴史家 ─歴史という名の毒
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 1,174円(税込)
  • Cコード:0195
  • 整理番号:ノ-1-1
  • 刊行日: 1993/10/07
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ISBN:4-480-08101-1
  • JANコード:9784480081018
野口 武彦
野口 武彦

ノグチ タケヒコ

1937年生まれ。元神戸大学教授。近世文学・近世思想史を専攻し、現在は文芸評論家。文学と歴史の境界領域を探る。『江戸の歴史家』『安政江戸地震』(ちくま学芸文庫)、『幕末バトル・ロワイヤル』(新潮新書)、『幕末歩兵隊』『長州戦争』(中公新書)、『近代日本の詩と史実』(中央公論新社)、『江戸は燃えているか』(文藝春秋)、『幕末気分』(講談社文庫)など著書多数。

この本の内容

新井白石、荻生徂徠、頼山陽ら江戸時代の思想家たちは、日本の歴史そして同時代をどのように考えていたのだろうか。現にある体制を支えるはずの歴史思想が、いつしかそれを顛覆する思考に転化するダイナミズムはいかにして生じたのか。「歴史主義のデーモン」の活動は、いま二十世紀末にも始まっている。その始原を江戸時代に探った、サントリー学芸賞受賞のまぼろしの名著ここに復刊。

この本の目次

歴史主義の毒
林家史学の功罪―『本朝通鑑』の成立をめぐって
新井白石の史論
古学派の歴史意識(山鹿素行
荻生徂徠)
水戸史学と『大日本史』―前期水戸学の歴史思惟
頼山陽と歴史的ロマン主義
国学と歴史的個体性
歴史思想と歴史意識の接点―後期水戸学の始発をめぐって
幕末の危機意識と歴史像
歴史意識のホリゾント

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可