日本文化の形成 (上)

宮本 常一

民族文化の源流を、他分野にわたる豊富な新知見をとりこんで解明しようと試みる、「宮本民俗学」 による古代学の講義。

日本文化の形成 (上)
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 1,068円(税込)
  • Cコード:0139
  • 整理番号:ミ-5-1
  • 刊行日: 1994/02/07
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ISBN:4-480-08117-8
  • JANコード:9784480081179

この本の内容

「宮本民俗学」として巨大な足跡を残した宮本常一が、その最晩年、終生のテーマであった民族文化の源流をもとめて展開する講義。生涯にわたる学問をもとにしつつ、考古学・歴史学・民族学などの新しい知見を積極的に受けとめ、東アジアを視野におさめた民俗学的古代学の試み。

この本の目次

縄文の後裔
渡来人と稲作
征服王朝と祭祀王朝
堅穴のくらしと土蜘蛛
稲作と鉄
短粒米と長粒米・稲作の広がり
倭の風俗
倭と大和朝廷
大陸と列島弧
古代アジアの農耕
騎馬民族の渡来〔ほか〕

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可