密教世界の構造 ─空海 『秘蔵宝鑰』

宮坂 宥勝

真言密教の開祖であり、古代日本の代表的な知性である空海。人間精神の発達を十段階に分けて論じた雄大な密教体系に肉薄する。
【解説: 山折哲雄 】

密教世界の構造 ─空海 『秘蔵宝鑰』
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 1,210円(税込)
  • Cコード:0115
  • 整理番号:ミ-7-1
  • 刊行日: 1994/08/04
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:320
  • ISBN:4-480-08149-6
  • JANコード:9784480081490

この本の内容

引法大師とよばれて古来多くの人びとに親しまれる空海は、日本の真言密教の開祖であり、古代日本の代表的知性である。本書は空海の主著『十住心論』の精髄を略述した『秘蔵宝鑰』をとりあげ、宗教者としての空海の存在と、人間精神の発達を十段階に分けて論じた雄大な密教体系に、現代の視点から肉薄する。

この本の目次

1 空海の生涯
2 空海の思想―その基本的立場
3 秘蔵宝鑰について
4 人間の自覚
5 倫理以前の世界
6 倫理的世界
7 宗教心の目ざめ
8 無我を知る
9 おのれの無知を除く
10 人びとの苦悩を救う
11 一切は空である
12 すべてが真実である
13 対立を超える
14 無限の展開
15 全体系の構成内容
16 十住心批判の現代的意義
空海略年譜

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可