ニッポン日記

マーク・ゲイン 著 , 井本 威夫 翻訳

天皇の人間宣言、新憲法発布、食糧メーデー……。敗戦直後の混乱と激動の現場に立ち会った特派記者の眼が捉えた日本占領の実態。
【解説: 中野好夫 】

ニッポン日記
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 1,650円(税込)
  • Cコード:0121
  • 整理番号:ケ-3-1
  • 刊行日: 1998/07/09
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:592
  • ISBN:4-480-08428-2
  • JANコード:9784480084286

この本の内容

1945(昭和20)年12月、米軍厚木基地に降りたってから二年間、焦土と化した首都を中心に、貧困にあえぐ地方の村落までを歩いて、占領下日本の実態を冷徹にみつめ、鋭く分析した稀有な記録。B級戦犯裁判、天皇の人間宣言、新憲法発布、食糧メーデー、そしてGHQ内部の対立…。混乱と荒廃から新生の道を歩もうとする戦後日本の姿をなまなましく描いたベストセラー。

この本の目次

第1章 期待の時期
第2章 実施の時期
第3章 決済の時期

読者の感想

2012.1.12 とらたろう

 昭和26年発行の紙面が茶色くなった1冊を、父の書棚から出し読む。微かなGHQの記憶しかない私には、興味深く読み耽りました。この本は「上下」になっており、「下」がないため新たに求めることにした。

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可