群衆の中の芸術家

阿部 良雄

「モデルニテ」の時代における最も創造的な批評家ボードレール。その活動と19世紀の美術革新を社会的・歴史的文脈でとらえる。

群衆の中の芸術家
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 1,320円(税込)
  • Cコード:0171
  • 整理番号:ア-14-1
  • 刊行日: 1999/10/07
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:352
  • ISBN:4-480-08518-1
  • JANコード:9784480085184

この本の内容

「われわれは群衆と芸術家たちの目を惹きつけるものすべてについて語るであろう」。19世紀中葉、フランスの美術革新期において、一部の階級の独占物であった絵画を広く公衆にもたらし、その蒙を啓くことを批評家の任務としたシャルル・ボードレール。モデルニテの成立期における芸術の状況を社会的・歴史的に位置付け、決断し、創造していく芸術家・批評家でもあった詩人の言説を熟読し、再検討するとともに、ドラクロワ、クールベ、マネら同時代の画家との交渉を通して論じる。

この本の目次

1 群衆の中の批評家―シャルル・ボードレール
2 ダンディ、それとも芸術家?―ウージェーヌ・ドラクロワ
3 ナルシスと民衆―ギュスターヴ・クールベ
4 “現在”の発見―エドゥアール・マネ
5 風景の中の芸術家―シャルル・ボードレール

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可