人間の魂の変貌を二八の顕現体として捉えながら、歴史の流れを、キリスト教文明の終りを予期する「歴史の円錐」として把握した秘教的哲学書。

幻想録
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 1,650円(税込)
  • Cコード:0198
  • 整理番号:イ-22-1
  • 刊行日: 2001/10/10
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:512
  • ISBN:4-480-08662-5
  • JANコード:9784480086624

この本の内容

20世紀最大の詩人のひとりW.B.イェイツは、千変万化する現象界に目を注ぐ一方、その奥に時空を超えて存在する神秘な世界を垣間見、心の二元性に逢着し、言い知れぬ苦悩を味わった。そして、彼自身の秘教的思想を披瀝する『幻想録』の体系構築を行なう。それは、生死を繰り返す人間の魂の変貌を、盈虚する月の28の相になぞらえ、「大車輪」のなかに位置する28の顕現体として動的に捉えると同時に、人間の歴史の流れをも、キリスト教文明の終わりを予期するなかで、「歴史の円錐」の動きとして把握する。イェイツの芸術、思想の真髄。

この本の目次

エズラ・パウンドにあてて
マイケル・ロバーツとその友人の物語―彼の弟子による記録抄
月の諸相
第1編 大車輪
第2編 象徴の完成
第3編 審判に臨む魂
第4編 古代人の大年
第5編 鳩か白鳥か
周期の終末
万霊節の夜―一つのエピローグ

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可